© 2023 by Ray Klien. Proudly created with Wix.com

当院ではオステオパシー・鍼灸での治療をしております。
全ての患者さんによって治療内容・施術方法は異なります。

なるべく負荷の掛からない施術を心がけておりますが

症状によって加減は変化致します。

当院では必要なものはご提案させて頂きますが、
必要のないオプションや過度な来院をお伝えする事はありません。

 

あくまで目安となりますが、
セルフケアをする時間がない方は約2週間~4週間での来院をして頂いております。
ただ、症状の重い方はこれよりも短くなります。(週1など)

リラクゼーションコースは短いスパンで受けられても構いませんが、
”治療コース”を受け、症状が落ち着いてからがオススメで御座います。

治療コースとの併用も可能ですが、一日でまとめてやるより、別日に分けた方が身体の負担も少ないので分けて受けて頂く事をお勧めしております。

​FAQ

どんな服装でいけばいいのでしょうか?

当院では患者着を用意しております。
ご自身でお持ち頂いて構いません。なるべく動きやすい服装でお願い致します。

女性スタッフを希望したい

当院の副院長は女性ですので希望の施術が合いましたら調整可能で御座います。
ご予約の際に仰って下さい。技量は変わりません。

施術の副作用はありますか?

鍼灸治療はしばしば「副作用がない」と宣伝されてきましたが、全くない訳ではありません。
施術後の身体の風邪に似た倦怠感を感じる事がよくあります。

 

ではなぜこの様な症状が出るか、ですが
例を挙げますと、足首を捻挫をしたとします。

すると時間が経つにつれて、身体を治す為に患部が腫れ、熱を持ち、痛みが出ます。


風邪でも同じく、体内からウィルス・細菌を排出する為に体内が変化していきます。
これは早期に自身の身体を治す為に起きている現象です。

治療をすると身体を治す為に、同じく血流が上がります。
結果、免疫系等も活性化してくれますが、風邪のように重だるい症状や
症状の重い方では下痢・蕁麻疹(毒素排出)などの症状が出てきます。


しかしこちらは治る為の現象として好転反応などと呼ばれております。
すべての方がなるわけでは御座いません。

しかし体内に毒素が溜まっておりますと出やすい傾向があります。
平均して1~3日ですが、その日の体調や持病によって千変万化致します。

余談にはなりますが、
治療後にこの様な症状が出た場合には、岩盤浴や砂蒸し風呂がお勧めです。
私も時間があればよく行っております。

東洋医学と西洋医学の併用は可能ですか?また、どちらが効果的ですか?

勿論可能で御座います。
普段の病院での定期的な診療は非常に大切です。
病院での検査はしっかりと行った上で併用して治療出来るよう考えております。

ただ併用について、処方されているお薬・疾患によって、施術不可の物が御座います。
ご了承下さい。

当院でも施術中、重要な器官に違和感を感じれば病院での検査をお願いしております。
ただなるべく早く、病院や治療院に通わなくても済むような身体に出来ればと常に考えております。

そして、どちらが効果的かは個人個人の疾病や家族歴・精神状態などによります。
単純な肩こりであっても、心臓疾患や胆嚢・膵臓からの危険信号が出ている場合があります

東洋医学に、”未病”という言葉があります。
意味は、 "発病には至らないものの軽い症状がある状態” です。
例を挙げますと、動脈硬化や高血圧、糖や脂質の代謝異常などです。

私は ”未病” に当院の治療は効果的であると確信しております。

西洋・東洋どちらかに偏るのではなく、うまく両方を使い分ければ更なる健康が望めると考えております。

患者さんから”何をしているか分らないけど、良くなった”という言葉を度々頂きますが、
当院の治療は魔法や気功ではなく、解剖学に基づいた施術を行っております。


また、オペ適用の方への施術で、投薬含め、必要なくなったケースも度々御座います。
オステオパシーや鍼灸にはしっかりとしたロジックがありますので日々研究しております。

鍼灸治療・美容鍼において、出血する事はありますか?

稀ではありますが、御座います。
美容鍼のような、更に細い鍼であっても同様に起ることがあります。
ただ内出血でのアザは1~2週間で消えますのでご安心下さい。(特定の薬の服用・疾患を除く)


多い原因としては血管の弱さにあります。

塩分過多や糖分の多いの食事は血管を脆く・硬くするからです。(劣化した輪ゴムのようなものです)

​また、痛み止めの薬を飲まれている方も同様に出血リスクが高まると言われています。


お酒とタバコも量が多いとよくありません。
タバコは血管を収縮させ、逆にお酒は血管を拡張させます。
これを同時に行うと、拡張・収縮を繰り返しますので、
血管の脆くなるスピードが速くなると言われております。

サウナから出た直後に水風呂に入るのも同じです。
急激な温度変化は心臓にも負担をかけますので、控えて頂ければ幸いです。

血管は筋肉とは異なりますので、鍛えることができません。
普段からのケアが大事で御座います。 
そうする事で”未病”のケアに繋がって行きます。
当院でなるべくアドバイスもさせて頂ければと思っております。

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon